いびき 原因

いびきの原因を詳しく教えて!

いびきは仰向けで寝ることで、
重力で首の脂肪や筋肉が垂れ下がることで起こります。

 

重量がかかると、首の周りの脂肪や筋肉、舌が落ち込みます。
そうなると、空気が通るトンネル(気道)が狭くなるのは想像できますね。

 

そこを呼吸するたびに空気が勢いよく通るので。大きな音が鳴ります。
これがいびきの正体です。

 

では、なぜこのようなことが起こるのでしょう。

 

子供でいびきに悩んでいるという話は聞いたことがありませんね。
また、男性の方がいびきに悩んでいる話を耳にしますが、
これもどうしてなのでしょう。

 

いびきでも、時々呼吸が止まるような大きないびきは
「睡眠時無呼吸症候群」のおそれがあります。

 

この場合はすぐに医師にご相談されることをお勧めします。

 

では、いびきをかきやすい人はどんな人か見ていきましょう。

 

●肥満

太っていると首周りにも脂肪がつき、気道が狭くなっています。
仰向け寝だと舌が重みで喉の奥に落ち込んで、
ますます気道を狭めてしまいます。

 

●二重あごの人

痩せていても、二重あごの方は舌を支える筋力が弱いため、
舌が気管に落ち込みやすくなります。

 

●口呼吸をする人

疲れている人は、脳が酸素を欲しがるので口呼吸になりやすいのです。

 

鼻がつまっている人も必然的に口呼吸となります。
口呼吸は鼻呼吸よりも気道が狭くなります。

 

●顎の小さい人

固い食べ物を避け顎が未発達で小さい人が多くなっています。
噛む力が弱いと、顎周りの筋肉が弱く、
舌が喉の奥へ落ち込むため気道を狭くします。

 

また近年増えている顎が小さく、
顎が後退している人は、気道が狭い骨格といえます。

 

●女性ホルモンの減少

女性ホルモンは舌を支える筋肉を緊張させるため、
気道を広く保つことできます。

 

女性ホルモンが減る年代になると、
いびきで悩む女性が増えるのはこんな原因があったのです。

 

●アルコールと睡眠薬

アルコールを取るといびきが大きくなりますね。
筋肉の弛緩と鼻の奥の血管が膨張し、
粘膜が腫れて鼻づまりを起こしやすくなりためです。

 

アルコールが原因のいびきは一過性のものなので、
特に心配する必要はありません。

 

他に、睡眠薬をお使いの方、何らかの影響で大人になっても扁桃腺が大きい方、
煙草を吸う方、高過ぎる枕や眠る姿勢によってもいびきのかきやすさが変わってきます。

 

みてきました通り、ダイエットがいびきには大きな効果があります。
ダイエット、されどダイエット。
何度も失敗したり、あきらめてしまったり、リバウンドまでしまったり。

 

でも安心してください。

 

コエンザイムQ10はATP(アデノシン3リン酸)の活動を促進させることで、
糖や脂肪の代謝がよくなり、自然に痩せやすい体作りができます。

 

そのうえ、コエンザイムQ10から産生されたエネルギーが、
心臓の筋肉に働きかけることによって、
むくみやのどの筋肉を正常にもどし、のどを広げることができます。

 

そのうえ、疲労回復までしてくれるので、口呼吸することもなくなります。

 

「いぶきの実」をダイエット、ひいてはいびき対策に上手にお使いになってみませんか。

 

<<<いぶきの実の公式サイトはこちらから>>>

 

関連ページ

いびきを自分で防止することはできる?
いぶきの実の購入を検討している方へ参考になる口コミ情報を公開!いびきを自分で改善する方法をお知らせ!